レジ袋有料化への苦言



本年7月1日に有料化がスタートしたレジ袋の件でであるが、パッケージ業界にいる者としてその目的が本末転倒になっているような気がして再度ここに書かせていただく事とする。



結論から言うと、環境のためと言うよりは、企業の利益を上げるためになっているという事、足並みが揃っていない事というのが問題ではないかという点である。

消費者の立場で日常の様々な買い物をした時、とても困惑するのは私だけではないと思う。
消費者の皆様の使用頻度が高いコンビニが有料である事から、たとえ無料のお店だったとしても、袋をもらう事にビクビクして習慣づいてしまっているような気がする。

例えば大手の店舗チェーンの中で優秀なのが、マクドナルド、無印良品、ケンタッキーフライドチキン、スターバックス等だ。
これらの店舗は持ち帰り比率が高いにもかかわらず、最も環境に配慮した素材で持ち帰り用の袋を無料で用意している。
実際、ハンバーガーや飲み物を買った時、手提げがないと非常に利便性が落ちる。ゴミを捨てる際にもとても困る。

反対に、とある食品販売のチェーン店では「袋類の有料化をしてしまい、利益となっているからもう元には戻れない」という話を聞いた。
同様のコメントはよく耳に入ってきている。「店はお客様のためにある」と言ったのは有名な小売業の先生だが、まず消費者にとっての利便性が損なわれない範囲で環境に配慮した資材や原料などを調達すべきだと思う。
できるだけ石油由来のプラスチック素材のビニール使用を削減していく事は、とても大切な事である。

海洋プラスチックゴミの問題や、地球温暖化の問題はレジ袋有料化だけの話ではなく、自動車の使用を控えたり、フードロスを無くしたり、とにかく多方面に及ぶが、一番大切なのはゴミを捨てるマナーである。

紙であろうとプラスチックであろうと、誰もゴミをポイ捨てせず、レジ袋やゴミ袋に入れてちゃんと処分すれば、海を汚す事はない。
世界の中ではゴミを捨てる意識やマナーが高いと言われる日本でさえ、道路脇にポイ捨てされたゴミを数多く見るのは悲しい事である。
作る側のルール、使う側のルールの統一を早く願うばかりである。

代表取締役社長  尾関 勇