レジ袋有料化への誤解



本日7月1日からいわゆるレジ袋が有料化となり、マイバックの促進や規制除外品など様々な製品が市場に投入され、消費者の意識変革を促しました。新型コロナウイルス蔓延による社会の混乱でニュースが薄れがちですが、大手スーパー、コンビニばかりでなく町の和菓子屋さん・洋菓子屋さんも全て対象となる為、ある一定の動きとなり現在に至っているようです。



そして店側の対応としては、多くは都市圏で見られる傾向として、すべてを有料化するというものです。
これはコンビニエンスストアやスーパーなどが、「レジ袋は全て有料化をして販売をする。ですからどうかマイバックを持ってきてください」という動きに対応してその様になったのですが、百貨店なども、紙袋に至るまで有料化という事になり、本来の目的よりかなり逸脱したところにこの規制が派生しているように思えてなりません。

もちろん有料化をすれば紙袋の使用量も減るかもしれない、それによってマイバック使用促進がなされ、地球環境にはプラスだと見る動きもあります。

ところが全てマイバックになるということに、皆さんは生活を変える事が出来るでしょうか?

私はそうは思いません。

有料化というのはあくまで、今まで販売促進品として経費の扱いだった手提げ袋を、この厳しい経済状況の中で少しでも利益にしたいという思惑が見え隠れしています。
レジ袋有料化という規制は、このための大義名分として使われてしまっている感が否めません。

またUNEP国連環境計画は先日のニュースで、生分解性プラスチックについて、実はあまり地球環境の負荷を低減する事には至っておらず、その使用が促進されるべきでないという見解を示しました。

つまりビニール袋は所詮ビニール袋。大切な事は海洋プラスチックの問題の根源である通り、自然界に破棄しないという事なのではないかと思います。

生分解性プラスチックといっても、25%生分解性であれば、75%は生分解性ではありません。バイオプラスチックにおいても同等です。

もちろん少しでもプラスチックの使用量を減らすという事はもちろん良い事だと思っています。
しかしながら、日本においてはそれをほとんどの市民は海や山にただ投棄するということはない、というのは言い過ぎでしょうか。

ではどのようにビニール袋が有効利用されているかというと、ほとんどがごみ袋として再利用され、焼却されているという事実です。
プラスチックのレジ袋はごみ袋として非常に必要なものであり、それに使われれば、元々石油であるレジ袋はきちんと清潔にごみを安全に捨てる事に役立ち、役目を終える事に他なりません。

マイバックを使うこと自体は良い事であると思いますが、レジ袋をすべてなくすという事は非現実的だと思います。

そして、きちんとした紙袋で品物を持ちたい、お渡ししたい、その様な事についても絶対になくなりはしません。

企業側のコスト削減の論理をにじませるのではなく、レジ袋はごみ袋としての再利用、そして焼却処分またはリサイクル処分するのであれば、各大型店舗にレジ袋の回収箱を作るのはどうでしょうか。

自然界に元々存在しなかったプラスチックを、廃棄しない、投棄しないという事が一番大切な事であって、それを全世界の人が守れれば環境負荷というものが一番無くなるわけです。

その様な現象から、改めて本来何がこの法律の目的なのか考えて、この規制を実行するべきでないかと思っています。

代表取締役社長  尾関 勇